某市職員の引継ノート

後輩に引き継ぎたい事項を記載したものです。

山村恒年「地方行政判例解説 バイオマス事業補助金返還請求事件 栃木県・宇都宮市」

山村恒年「地方行政判例解説 バイオマス事業補助金返還請求事件 栃木県・宇都宮市地方自治判例研究会編『判例地方自治』,2017.7,pp.86-90

国→県への交付過程は、法に基づく行政処分過程である。これに対して、県→市→A社の流れは県・市の交付規則に基づくが、条例による委任規定もないので、行政処分関係ではない。それは民法上の負担付贈与契約関係といえる。原審・本判決とも財産処分の承認が行政行為とするが、それは当たらない。(p.88)

本判決は、他方で、市が市規則に基づき、A社に対する交付決定の取消しを正式な行政行為とする。それは、条例の委任に基づかないので行政行為ではなく、県のした負担付贈与契約の解除(撤回)である。(p.88)

判例を読んでいて非常に気になる点だったので、上記の筆者による(判決における行政処分・行政行為の判断に係る)指摘により、少しすっきりした。